専門技術

はじめに

 専門技術とは、コンテンツの1種である。
 Lv35以上で2次転職以上のキャラクターが進められる。
 プレイヤーは5種類ある専門技術の中から、2種類を選択して習得できる。
 下記もするが、専門技術の中でも錬金術は抜群に優秀なので実質4種類から1種類の選択。

 専門技術はLv1から始まり、Lv11に相当する職人、Lv12に相当する名匠まで技術が成長する。
 各Lvに設けられた熟練度を満たし、担当のNPCへメルを支払って昇格する事ができる。
 但し、Lv職人の熟練度を満たした場合はメルの消費無く名匠へ昇格する。
 このLvによって精錬や作成の成功確立が上昇したり、特定のLv未満では作成できない物があったりする。
 なお、Lv11の職人、Lv12の名匠では日付を跨ぐ毎に熟練度が低下して行き、Lv10まで降格させられる。

 また、錬金術(薬品制作)/装備製作/アクセサリーを行うと、成功/失敗にかかわらず、「器用さ」の性向が最低20増加する。
 「器用さ」のレベルが5上昇するごとに、痕跡/疑問の書の成功率が0.5%向上するため、
 制限値500まで積極的に各種制作を行っておこう。

薬草採集

 各地に生えている植物を採集し、それらを製錬してオイルを作る専門技術。
 現在は誰でもオイルを入手できるようになってしまったので、オイルの精錬は重要視されなくなった。
 採集はマップ各地に低確率で出現する黄金色の花の山、神秘な薬草の山、神秘な伝説の薬草の山が主な対象である。
 各種魔法のパウダー、黄昏の浄水や太初の浄水といったアイテムに需要が集中する。

 性向/魅力がLv.30以上になると発生するクエスト/魅力的な人のためのプレゼントを完了する為に必要なETC/バラの花一房が、各種薬草の山から入手出来る。

採鉱

 各地に現れる鉱物や原石を採集し、それらを製錬して地金や宝石を作る専門技術。
 現在は誰でも地金、宝石を入手できるようになってしまったので、精錬は重要視されなくなった。
 採鉱はマップ各地に低確率で出現するドキドキハート、神秘な鉱脈、神秘な伝説の鉱脈が主な対象である。
 各種魔法のパウダー、黄昏の浄水や太初の浄水といったアイテムに需要が集中する。

錬金術

 薬草のオイルを主な原料にして、多様な薬品を作る専門技術。
 他にも装備アイテムを分解してアイテム結晶にしたり、装備アイテム同士を合成したりと幅広く技術が増える。

 錬金術を習得した時点で2種類の秘薬を同時に使用できるようになる。
 但し、同じ秘薬及び同種類の効果を持つ秘薬は同時に使用できない。
 制約は同種類の効果に限られるため、例えば伝説の祝福秘薬でALL+60の効果を受けた状態で最上級知能強化の秘薬を用いて更にINT+80の効果を重ねる事は可能。
 ビショップ等でステータス値がどうしても欲しい時は活用しよう。
 後述の装備製作、アクセサリー製作のLv職人以上で習得するスキルと重複出来ない効果である為、自身の環境に照らして採用する物を考えよう。

 製作、使用にオススメの秘薬を下記に整理した。
 しかし、秘薬に関しては全て交換可能な為、自作せずに他のユーザーから購入するという選択肢も存在する事に留意。
画像 名称 情報 説明
02003550経験蓄積の秘薬.png 経験蓄積の秘薬 経験蓄積の秘薬制作レシピ使用後1日間作成可能
1度で3個作成可能
材料
最高級薬空き瓶1個
ジュニファーベリーの種のオイル10個
最上級アイテム結晶5個
賢者の石2個
REQ LEV:70
錬金術の技術が集約された神秘の薬。使用すると2時間経験値の獲得量が10% 増加する。但し、秘薬は一度に1種類以上は使用できない。錬金術師の場合は2個まで使用できる。
02003550経験蓄積の秘薬.png 財物獲得の秘薬 財物獲得の秘薬制作レシピ使用後1日間作成可能
1度で3個作成可能
材料
最高級薬空き瓶1個
ジュニファーベリーの種のオイル10個
最上級アイテム結晶3個
賢者の石1個
REQ LEV:70
錬金術の技術が集約された神秘の薬。使用すると2時間の間、アイテムドロップ率及びメルドロップ率が20%増加する。ただし、秘薬は一度に1種類以上は使用できない。錬金術師の場合は2個まで使用できる。
02003540最上級力強化の秘薬.png 最上級力強化の秘薬    
02003540最上級力強化の秘薬.png 最上級素早さ強化の秘薬    
02003540最上級力強化の秘薬.png 最上級知能強化の秘薬    
02003540最上級力強化の秘薬.png 最上級幸運強化の秘薬    
02003526伝説の英雄秘薬.png 伝説の英雄秘薬    
02003526伝説の英雄秘薬.png 伝説の祝福秘薬    
02003592ボスキラーの秘薬.png ボスキラーの秘薬    
02003592ボスキラーの秘薬.png 大英雄の秘薬    
02003592ボスキラーの秘薬.png 貫通の秘薬    
02003592ボスキラーの秘薬.png 大祝福の秘薬    
02003596高級ボスキラーの秘薬.png 高級ボスキラーの秘薬    
02003596高級ボスキラーの秘薬.png 高級大英雄の秘薬    
02003596高級ボスキラーの秘薬.png 高級貫通の秘薬    
02003596高級ボスキラーの秘薬.png 高級大祝福の秘薬    

装備制作

 地金を主な材料にして、各種装備を製作する専門技術。
 アンドロイドや機械心臓部を製作出来るのも、この専門技術。
 名匠まで技術が熟練するとマイスター装備を製作できるようになるが、一般に需要は少ないと考えられる。

 狙うべきは製作した武器や防具に付与されるアディショナル潜在能力。
 アディショナル潜在能力をシステム/トードのハンマーで後継する強化方法が存在するので、攻撃力:+10や魔力:+10等が出た場合は需要が発生する。

 またLv職人以上だと下記のスキルが0次スキルに追加される。
 最高でクリティカルダメージ+5%は強力だが、Lv名工を維持する必要がある事、使用可能秘薬+1個と競合してしまう事に注意して考えたい。
 ETCアイテム/魔法の砥石はLv職人以上で最上級アイテム結晶10個、歪んだ時間の浄水10個、上級呪文の浄水10個で1個製作出来る。
Lv 画像 名称 効果
1 80002362武器精錬.png 武器精錬 装備制作職人の技で魔法の砥石を使用し、着用中の武器を鋭く磨き上げる。
武器精錬はバフ持続時間増加とクールタイム初期化の影響を受けない。
2個の秘薬を使用中、または高級武器精錬、アクセサリ強化、上級アクセサリ強化スキルの効果が適用中は使用できない。
魔法の砥石1個使用、40分間クリティカルダメージ3%増加、武器着用解除及び交換時にスキル効果消滅
クールタイム3600秒
1 80002363高度武器精錬.png 高度武器精錬 装備制作名匠の熟練の技で魔法の砥石を使用し、着用中の武器の鋭利さを極大化する。
武器精錬はバフ持続時間増加とクールタイム初期化の影響を受けない。
2個の秘薬を使用中、または武器精錬、アクセサリ強化、上級アクセサリ強化スキルの効果が適用中は使用できない。
魔法の砥石2個使用、40分間クリティカルダメージ5%増加、武器着用解除及び交換時にスキル効果消滅
クールタイム3000秒

アクセサリー制作

 宝石を主な材料にして、各種アクセサリーを製作する専門技術。
 上記のマイスター装備とは異なり、マイスターアクセサリー、特にマイスターリングは需要がある。

 狙うべきは製作したアクセサリーに付与されるアディショナル潜在能力。
 アディショナル潜在能力をシステム/トードのハンマーで後継する強化方法が存在するので、攻撃力:+10や魔力:+10等が出た場合は需要が発生する。

 またLv職人以上だと下記のスキルが0次スキルに追加される。
 ETCアイテム/魔力石はLv職人以上で上級呪文の浄水10個、賢者の石10個、歪んだ時間の浄水10個で1個製作出来る。
Lv 画像 名称 効果
1 80002364アクセサリ強化.png アクセサリ強化 アクセサリ制作職人の技で魔力石から魔力を抽出し、着用中のアクセサリに状態異常防御効果を追加する。
アクセサリ魔法付与はバフ持続時間増加とクールタイム初期化の影響を受けない。
2個の秘薬を使用中、または上級アクセサリ強化、武器精錬、高級武器精錬スキルの効果が適用中は使用できない。
魔力石1個使用、20分間致命的な状態異常1回防御
クールタイム3600秒
1 80002365上級アクセサリ強化.png 上級アクセサリ強化 アクセサリ制作名匠の熟練の技で魔力石から魔力を抽出し、着用中のアクセサリに強力な状態異常防御効果を追加する。
アクセサリ魔法付与はバフ持続時間増加とクールタイム初期化の影響を受けない。
2個の秘薬を使用中、またはアクセサリ強化、武器精錬、高級武器精錬スキルの効果が適用中は使用できない。
魔力石2個使用、30分間致命的な状態異常1回防御
クールタイム3000秒

制作材料の調達方法

 各種制作には精製されたオイルまたは地金/宝石が必要となる。
 オイル/地金/宝石調達を行う場合、ウェラッド入場Mapにいる「NPC/派遣されたランドルフ」から、
 怪しげな薬草袋(オイル)、怪しげな鉱物袋(地金/宝石)を購入して開封する方法が最も容易である。
 Ver3.65以前のバージョンでは意図的に特定の材料調達が可能であったが、修正されている。
 その他の材料はマイスタービールの「NPC/マングス」から購入可能。
 ※材料はモンスターなどから手に入れなければならないものもある。

  • 最終更新:2018-10-17 08:50:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード